*

海外送金の限度額

海外送金には期間に応じて限度額が設定されている場合が通常となっています。送金限度額は各金融機関によって異なり、限度額の内訳には送金手数料・海外中継銀行手数料・円貨送金手数料などを含む場合もあります。

金融機関ごとの限度額について比較してみましょう。

SBIレミットを利用する場合、限度額は1万USD(米ドル)となります。1ヶ月での送金限度額は原則150万円となっており、送金回数も20回までが上限となっています。

ゆうちょ銀行を利用する場合、限度額は送金先の相手国によって異なります。送金を行う相手国の上限金額を知るためには、ゆうちょ銀行または国際送金取扱郵便局の国別交換条件表を確認する必要があります。参考として、住所あて送金の場合アメリカでは7,000米ドル、台湾では32,000米ドル、マレーシアでは20,000米ドル、中国では10,000米ドル、フランスでは35,000ユーロ、スイスでは100,000スイスフランとなっています。

楽天銀行を利用する場合、1回の送金限度額は100万円となっており、1ヶ月では200万円、1年間で500万円が上限となっています。ただし法人の場合法人ビジネス口座開設時に自分で300~3,000万円の間で自由に設定することが出来ます。

三菱東京UFJ銀行を利用した際、1回の限度額はインターネットバンキングを通じた場合100万円未満、テレフォンバンキングを利用した場合200万円以下となっています。1日では200万円以下、1ヶ月あたり500万円以下が限度額となっています。

みずほ銀行を利用する場合、1ヶ月間で200万円までとなっています。

⑥三井住友銀行を利用する場合、1日辺り300万円以内、1ヶ月あたり500万円以内となっています。

⑦セブン銀行を利用する場合、1回・1日・1ヶ月の限度額は50万円、年間では300万円が上限となっています。

シティバンクを利用する場合、1回1万円以上300万円以下と設定されています。

⑨Paypal(ペイパル)を利用する場合、36万円が限度額として自動で設定されています。

JTB MoneyTを利用する場合、残高上限額は30万円、1回の引き出し上限額は10万円となっています。

なお200万円以上の海外送金を行った場合は、税務署への国外送金等調書を事後提出しなければなりません。

関連記事

no image

海外送金の手続きに必要なもの

海外送金の手続きを行うに辺り、大前提として送金のための資金と、送金先相...

記事を読む

no image

海外送金サービスの選び方

海外送金を行う際、利用する金融機関やサービス内容を比較検討することにな...

記事を読む

no image

海外送金にかかる日数

海外送金サービスを利用する場合において、利用する金融機関や企業・サービ...

記事を読む

no image

国際送金とは

国際送金とは、基本的に海外送金と同様の内容となります。 すなわち...

記事を読む

新着記事

no image

海外FXの海外送金について

最近では国内のFX業者にはレバレッジ規制という規制が適用されてしまった...

記事を読む

no image

セントラル短資FX

セントラル短資FXはFX企業の一つで、FX取引の他に通貨両替・受け渡し...

記事を読む

no image

マネーパートナーズ

マネーパートナーズはFX取引を取り扱う企業です。海外送金手数料は外貨両...

記事を読む

no image

キャッシュパスポート

キャッシュパスポートとはアクセスプリペイドジャパン株式会社が提供する海...

記事を読む

no image

JTB MoneyTGlobal

JTB MoneyTGlobalは海外専用で使用が可能な、プリペイドカ...

記事を読む

コメント/トラックバック

トラックバック用URL:

この投稿のコメント・トラックバックRSS




管理人にのみ公開されます

前の記事:

次の記事:

no image
海外FXの海外送金について

最近では国内のFX業者にはレバレッジ規制という規制が適用されてしまった...

no image
セントラル短資FX

セントラル短資FXはFX企業の一つで、FX取引の他に通貨両替・受け渡し...

→もっと見る

PAGE TOP ↑