*

銀行で海外送金する

海外送金の手段として最もオーソドックスなのが銀行を通じたものとなります。

普段国内銀行から他の国内銀行宛に振込みを行っている要領と同じように、海外の銀行口座あてに振り込みを行うことで送金するので非常にわかりやすい反面、手数料が比較的高額で、また手続きに必要な情報などが多いことがデメリットであるといえます。

銀行を利用した海外送金には大きく分けて

  • ①窓口に直接赴いて送金手続き・入金を行う
  • ②ネットバンキングを利用して送金の手続きを行う

といった2つの方法があります。

窓口に赴いて海外送金を行う場合、受付する担当者の方が海外送金に必要な書類等を手配し、またわからないことなどについて説明してくれます。

ただし郵便局などでは担当者によっては海外送金事務に慣れていない方がいる場合もあるので、注意が必要です。

銀行で海外送金する場合は手数料及び為替レート(TTSレート)に注意が必要です。一般的に銀行の海外送金手数料は3,000~5,500円となっており、また円為替手数料2,500円程度及び支払銀行手数料が発生するケースも有ります。

また入金から振り込まれるまでの所要日数も1~6日かかる場合もあるため、余裕をもって送金手続きを行う必要があります。

ネットバンキングを利用する方法としては三井住友銀行のSMBCダイレクト、三菱東京UFJ銀行のダイレクトサービス、楽天銀行の海外送金サービスが挙げられます。

これらはネットバンキングを利用して口座にあるお金を送金することが可能なため、原則24時間いつでも手続きを行うことが出来ます。

また送金手数料も窓口で行うよりも安価になり

で利用が可能です。またシティバンク銀行を利用した場合、窓口での手数料が4,000円に対し、ネットバンキングを利用すれば3,500円で、また前月の月間平均総取引残高が100万円を超える方であればさらに2,000円と割安になります。

この送金手数料は送金額にかかわらず一定であるため、送金額が多い場合に有利となります。さらにシティバンク銀行口座に預け入れている資産が100万円以上のシティゴールドの方は手数料が無料となります。

関連記事

no image

海外送金の方法

海外送金の方法には ①銀行や郵便局の窓口にて行う方法 ②イ...

記事を読む

no image

銀行で海外送金する手続き

銀行を通じて海外送金を行う場合は、直接窓口に赴いて送金手続きを行うケー...

記事を読む

no image

銀行で海外送金の必要情報

銀行の窓口で海外送金を行うためには、あらかじめ必要情報を準備しておく必...

記事を読む

no image

海外送金する銀行の選び方

まず海外送金するための銀行を選ぶためには、その銀行が海外送金・国際送金...

記事を読む

新着記事

no image

海外FXの海外送金について

最近では国内のFX業者にはレバレッジ規制という規制が適用されてしまった...

記事を読む

no image

セントラル短資FX

セントラル短資FXはFX企業の一つで、FX取引の他に通貨両替・受け渡し...

記事を読む

no image

マネーパートナーズ

マネーパートナーズはFX取引を取り扱う企業です。海外送金手数料は外貨両...

記事を読む

no image

キャッシュパスポート

キャッシュパスポートとはアクセスプリペイドジャパン株式会社が提供する海...

記事を読む

no image

JTB MoneyTGlobal

JTB MoneyTGlobalは海外専用で使用が可能な、プリペイドカ...

記事を読む

コメント/トラックバック

トラックバック用URL:

この投稿のコメント・トラックバックRSS




管理人にのみ公開されます

no image
海外FXの海外送金について

最近では国内のFX業者にはレバレッジ規制という規制が適用されてしまった...

no image
セントラル短資FX

セントラル短資FXはFX企業の一つで、FX取引の他に通貨両替・受け渡し...

→もっと見る

PAGE TOP ↑