*

現金を持ち込む海外送金

日本から海外へ渡航する際に、ハンドキャリーなどによって現金を直接持ち込むことによって海外送金を行う方法もあります。

一般的なイメージとして自分で持ち歩くため銀行窓口にて手続きを踏む必要もなく、簡単に持ち出すことが可能だと思っている方もいらっしゃるかもしれませんが、これは間違いで、ハンドキャリーの場合も法的手続きを受けなければなりません。

これは外国為替及び外国貿易法の規定により、100万円を超える現金を海外に持ち出す際には税関を通じて税務署宛に所定の届け出を行わなければなりません(ただし申告しなくても問題に問われません)。

一方100万円以下であればその必要はありませんが、送金頻度が多くなる場合は渡航費用などが余計にかかってしまうのでオススメできません

現金を持ち込む方法による海外送金のメリットとしては、何よりすでに額が決定されており、なおかつ送金のための手数料などはもちろん一切かからないため、最も費用のかからない海外送金方法であるといえます。

唯一のリスクは現金を持参しているので盗まれたりする可能性が高く、とくに大きなお金を所持している場合はそのリスクが大変大きくなります。また日本円で海外に現金を持ち込む場合、必ず為替レートの良い両替商・金融機関にて外貨両替を行わないと、大きな損失を受ける可能性があります。きちんと事前にレートを確認しておきましょう。

現金ではなくトラベラーズチェック(T/C)を利用して持ち込む方法もあります。ただしトラベラーズチェックを利用する場合一般的にチェックを発行する時点で1%の手数料が発生するため、高額なお金をチェック発行すると手数料はより高くなってしまう点に注意が必要です。

ですのでなるべくチェック発行手数料の安い金融機関・銀行でトラベラーズチェックを発行し、現地にてレートの良い両替商で現金化手続きを行うことが大切です。

現金を持ち歩くわけですので、当然盗難などには十分に注意しなければなりません。基本的には現金で持ち込む方法よりも、電信送金を利用する方が安全性・信頼性・利便性などの面でメリットが大きいと言えるでしょう。

関連記事

no image

海外送金の方法

海外送金の方法には ①銀行や郵便局の窓口にて行う方法 ②イ...

記事を読む

no image

銀行で海外送金する

海外送金の手段として最もオーソドックスなのが銀行を通じたものとなります...

記事を読む

no image

銀行で海外送金する手続き

銀行を通じて海外送金を行う場合は、直接窓口に赴いて送金手続きを行うケー...

記事を読む

no image

銀行で海外送金の必要情報

銀行の窓口で海外送金を行うためには、あらかじめ必要情報を準備しておく必...

記事を読む

no image

海外送金する銀行の選び方

まず海外送金するための銀行を選ぶためには、その銀行が海外送金・国際送金...

記事を読む

新着記事

no image

海外FXの海外送金について

最近では国内のFX業者にはレバレッジ規制という規制が適用されてしまった...

記事を読む

no image

セントラル短資FX

セントラル短資FXはFX企業の一つで、FX取引の他に通貨両替・受け渡し...

記事を読む

no image

マネーパートナーズ

マネーパートナーズはFX取引を取り扱う企業です。海外送金手数料は外貨両...

記事を読む

no image

キャッシュパスポート

キャッシュパスポートとはアクセスプリペイドジャパン株式会社が提供する海...

記事を読む

no image

JTB MoneyTGlobal

JTB MoneyTGlobalは海外専用で使用が可能な、プリペイドカ...

記事を読む

コメント/トラックバック

トラックバック用URL:

この投稿のコメント・トラックバックRSS




管理人にのみ公開されます

no image
海外FXの海外送金について

最近では国内のFX業者にはレバレッジ規制という規制が適用されてしまった...

no image
セントラル短資FX

セントラル短資FXはFX企業の一つで、FX取引の他に通貨両替・受け渡し...

→もっと見る

PAGE TOP ↑