*

みずほ銀行

みずほ銀行はみずほコーポレート銀行が旧みずほ銀行を吸収合併し、現在の企業形態となっています。そのためみずほコーポレート銀行・旧みずほ銀行が担当していた業務も継承しています。

最もみずほ銀行の業務で特徴的なのが宝くじの販売ですが、海外送金サービスにおいても重要な金融機関としての位置づけがなされています。

みずほ銀行では海外送金に関して、外国送金(仕向送金)としてサービスを展開しています。主に外国への送金や国内銀行口座あての外貨建て送金などを取り扱っています。

送金手数料は5,500円と他の金融機関、海外送金サービスと比較して割高になっていますが、FX会社を経由した外貨建て送金や海外ATMからの引き出しなどにかかる外貨引き出し手数料が一律料金となっているため、高額なお金を送金または引き出す際などには相対的に割安になる点が大きな特徴です。

FX会社を経由する場合や、国際キャッシュカードなどを利用する場合、こういった引き出し手数料が一定であるというのは大きなメリットとなります。

外貨建て送金で発生するリフティングチャージは一律2,500円、外貨預入手数料は1回の取引で500円、外貨引き出し手数料は一回の取引で1,000円とすべて一律料金になっており、為替レートの変動や送金金額の大小関わりません。

米ドルの場合はシティバンク・新生銀行などがより安い手数料で手続きを行っている場合がありますが、英ポンド、豪ドル、ユーロなどではこのサービス・手数料によるメリットはとても大きく、手数料を他の金融機関と比べて安くすることが可能と考えられます。

みずほ銀行を利用する上での注意点として、複数回少額の送金手続きを行うと、送金手数料が割高となってしまうため、基本的にまとまった額を送金するようにしたほうが良いでしょう。

少額取引では一回の手続きに支払う送金手数料、外貨引き出し手数料、リフティングチャージなどすべてにおいて費用負担が他の金融機関と比べて大きくなってしまいます。

みずほ銀行を利用する場合は大きなお金を送金する場合に使用しましょう。なお1ヶ月間の送金上限金額は200万円相当額までとなっています。

関連記事

no image

セントラル短資FX

セントラル短資FXはFX企業の一つで、FX取引の他に通貨両替・受け渡し...

記事を読む

no image

マネーパートナーズ

マネーパートナーズはFX取引を取り扱う企業です。海外送金手数料は外貨両...

記事を読む

no image

キャッシュパスポート

キャッシュパスポートとはアクセスプリペイドジャパン株式会社が提供する海...

記事を読む

no image

JTB MoneyTGlobal

JTB MoneyTGlobalは海外専用で使用が可能な、プリペイドカ...

記事を読む

no image

SBIレミット

SBIレミットはいわゆる銀行のような金融機関ではなく、資金移動業を行う...

記事を読む

新着記事

no image

海外FXの海外送金について

最近では国内のFX業者にはレバレッジ規制という規制が適用されてしまった...

記事を読む

no image

セントラル短資FX

セントラル短資FXはFX企業の一つで、FX取引の他に通貨両替・受け渡し...

記事を読む

no image

マネーパートナーズ

マネーパートナーズはFX取引を取り扱う企業です。海外送金手数料は外貨両...

記事を読む

no image

キャッシュパスポート

キャッシュパスポートとはアクセスプリペイドジャパン株式会社が提供する海...

記事を読む

no image

JTB MoneyTGlobal

JTB MoneyTGlobalは海外専用で使用が可能な、プリペイドカ...

記事を読む

コメント/トラックバック

トラックバック用URL:

この投稿のコメント・トラックバックRSS




管理人にのみ公開されます

前の記事:

次の記事:

no image
海外FXの海外送金について

最近では国内のFX業者にはレバレッジ規制という規制が適用されてしまった...

no image
セントラル短資FX

セントラル短資FXはFX企業の一つで、FX取引の他に通貨両替・受け渡し...

→もっと見る

PAGE TOP ↑