*

TTS/TTBとは

海外送金、FX、外貨預金などの為替取引において、為替レートは非常に重要となります。銀行や金融機関がこのレートを決定する際に重要となるのがTTM、TTS、TTBなのです。TTM(Telegraphic Transfer Middle rate)は仲値のことで、銀行が顧客に対し外貨の売買を行う上で基準となるレートのことを指します。

このTTMは外国為替市場における銀行間取引相場を基準に、銀行ごとに設定しています。そのため金融機関ごとにTTMは異なります。このTTMは一般的に午前9時55分頃発表されます。

TTSはTTMに外貨両替手数料を加算したレート、すなわち外貨を銀行が顧客に売却する際に適用される為替レートとなります。

対顧客電信売相場とも称され、例えば1ドル=100円がTTMで、外貨両替手数料が1円の場合、TTSは1ドル=101円となります。海外送金する場合など顧客はこの101円で日本円を外貨に両替することになります。

TTBはTTMから外貨両替手数料を差し引いたレートのことを言います。つまり外貨を銀行が顧客から購入する際に適用される為替レートということです。

対顧客電信買相場とも称され、1ドル=100円がTTM、外貨両替手数料が1円の場合、TTBは1ドル=99円となります。海外からの送金を受け取る場合など顧客はこの99円で外貨両替を行い、日本円を受け取ることになります。

銀行によってTTMおよび外貨両替手数料は異なるため、TTS/TTBも金融機関ごとに異なります。また取引通貨によっても異なるため、仮に他の金融機関が米ドルの外貨両替手数料が1円のところ、ある銀行では9銭としている場合もあります。この場合送金する額が大きくなれば、より送金手数料の額も大きく変動することになります。

銀行などの窓口に赴いて海外送金手続きを行う際は、掲示されているTTSレートを必ず確認するようにしましょう。海外送金以外でも、例えば海外旅行に行く際日本円を現地通貨に両替する場合もTTSレートを確認して外貨両替を行うことになります。帰国後外貨を日本円に両替する場合は、その日のTTBレートにもとづいて両替されます。

関連記事

no image

SWIFT CODE(スウィフトコード)とは

海外送金を行う際には、SWIFT CODEが必要になります。このコード...

記事を読む

no image

IBAN CODE(アイバンコード)とは

ユーロ圏・EU圏内の銀行あてに送金する場合はIBANコードが必要となり...

記事を読む

no image

海外送金のBICとは

BIC(Bank Identifier Code)とはSWIFTコード...

記事を読む

no image

リフティングチャージとは

リフティングチャージとは海外送金を行う際にかかる手数料の1種で、同一通...

記事を読む

新着記事

no image

海外FXの海外送金について

最近では国内のFX業者にはレバレッジ規制という規制が適用されてしまった...

記事を読む

no image

セントラル短資FX

セントラル短資FXはFX企業の一つで、FX取引の他に通貨両替・受け渡し...

記事を読む

no image

マネーパートナーズ

マネーパートナーズはFX取引を取り扱う企業です。海外送金手数料は外貨両...

記事を読む

no image

キャッシュパスポート

キャッシュパスポートとはアクセスプリペイドジャパン株式会社が提供する海...

記事を読む

no image

JTB MoneyTGlobal

JTB MoneyTGlobalは海外専用で使用が可能な、プリペイドカ...

記事を読む

コメント/トラックバック

トラックバック用URL:

この投稿のコメント・トラックバックRSS




管理人にのみ公開されます

no image
海外FXの海外送金について

最近では国内のFX業者にはレバレッジ規制という規制が適用されてしまった...

no image
セントラル短資FX

セントラル短資FXはFX企業の一つで、FX取引の他に通貨両替・受け渡し...

→もっと見る

PAGE TOP ↑