*

海外送金のコルレス(中継)銀行ってなにをする銀行ですか?

コルレスとは英語のコレスポンデンス(correspondence)の慣用的略称で、代理という意味を持ちます。

コルレス銀行(Correspondent Bank、コレスポンデントバンク)は遠隔地取引先代理金融機関ともよばれ、直接為替業務を行うことの出来ない金融機関の代理として、取引や為替業務を行う金融機関のことを指します。

日本からアメリカなど、日本から海外へ送金を行う場合、送金主が現金または口座から送ったお金は、そのままアメリカなどに送られるわけではありません。

基本的に外国為替を取り扱う金融機関は、世界中の銀行とコルレス契約(為替取引契約)を結んでいます。これにより、直接現金を送付するなどすることなく、コルレス銀行を通じた電信送金(文章・通信による手続き)によって資金移動を可能としています。

すなわちコルレス銀行は為替業務の代理・代行をする金融機関とよべます。

日本の一般的な金融機関や大手都市銀行などは、アメリカなどに系列銀行・提携銀行をもっているため、そこがコルレス銀行として外貨決済・外貨両替などの為替業務を行っています。この時送金側の国内金融機関が使用する口座をコルレス口座とよびます。

海外送金を行う際、直接国内の金融機関から現地の銀行とコルレス契約を結んでいる場合、すなわちその銀行がコルレス銀行である場合は、中継手数料は発生しません。

ただし国や相手先銀行によっては、第3者銀行を経由して送金が行われる場合があります。この場合中継手数料が発生します。すなわち国際展開している大手都市銀行や金融機関であればこのリスクは低くなるといえます。

コルレス契約がない金融機関の間での送金手続きには、コルレス契約のある金融機関を仲介して取引が行われます。このため仮に現地で開設した銀行と日本の送金元になる銀行とがコルレス契約を結んでいない場合でも、仲介するコルレス銀行を通じて送金は完遂されます。ただしこの場合コルレス手数料(中継手数料)が高くなってしまうことに注意しておかなければなりません。

関連記事

no image

受取人が資金を受取ったことを確認できる?

入金したまではいいけれども、実際に現地銀行にて受取が完了したかどうか心...

記事を読む

no image

受取人の費用負担はある?

海外送金を行った場合、資金移動事業者や金融機関などを通じた場合、原則的...

記事を読む

no image

海外送金には税金はかかりますか?

海外送金は、どのような方法で行った場合でも100万円を超える送金には税...

記事を読む

no image

海外送金・国外送金等に関する「お尋ね」とは?

「お尋ね」とは海外送金・国外送金に関することについて税務署から送られて...

記事を読む

新着記事

no image

海外FXの海外送金について

最近では国内のFX業者にはレバレッジ規制という規制が適用されてしまった...

記事を読む

no image

セントラル短資FX

セントラル短資FXはFX企業の一つで、FX取引の他に通貨両替・受け渡し...

記事を読む

no image

マネーパートナーズ

マネーパートナーズはFX取引を取り扱う企業です。海外送金手数料は外貨両...

記事を読む

no image

キャッシュパスポート

キャッシュパスポートとはアクセスプリペイドジャパン株式会社が提供する海...

記事を読む

no image

JTB MoneyTGlobal

JTB MoneyTGlobalは海外専用で使用が可能な、プリペイドカ...

記事を読む

コメント/トラックバック

トラックバック用URL:

この投稿のコメント・トラックバックRSS




管理人にのみ公開されます

no image
海外FXの海外送金について

最近では国内のFX業者にはレバレッジ規制という規制が適用されてしまった...

no image
セントラル短資FX

セントラル短資FXはFX企業の一つで、FX取引の他に通貨両替・受け渡し...

→もっと見る

PAGE TOP ↑